WEBアプリ

初学者がぶつかる、ユーザー登録機能の4つの壁

SNSやWEBサービスに必須のユーザー登録機能ですが、これが初学者にとっては鬼門なんです。僕も最近、ユーザー登録機能実装にチャレンジして大いに苦しみました。そこで、なぜ苦しんだのか考えてみたところ、4つの壁があったことに気づきました。今回は、初学者がユーザー登録機能を実装するための4つの壁について紹介します。もくじ

no image

Flask×Twitterでログイン機能実装④|PythonでCookieを読み書き

Twitter連携によってWEBアプリにログイン機能を実装するチュートリアルとして書いてきましたが、いよいよ今回が最終回です。今回は取得したアクセストークンをCookieに保存して、Cookieの情報をもとにログイン処理を実装していきます。こちらの記事の続きです。Flask×Twitterでログイン機能実装③|

no image

Flask×Twitterでログイン機能実装③|アクセストークンを取得

Twitter連携でWEBアプリにユーザー認証機能を実装していきます。こちらの記事の続きです。Flask×Twitterでログイン機能実装②|OAuth認証でTwitterと連携前回はOAuthセッションを用いて、ユーザー認証画面のURLを取得するところまで実装しました。今回は、ユーザー認証が成功し

no image

Flask×Twitterでログイン機能実装②|OAuth認証でTwitterと連携

今回は、PythonのWEBフレームワークFlaskで、OAuth認証を使用したTwitter連携の方法について解説していきます。こちらの記事の続きです。独学WEB開発の壁、ログイン機能実装を突破するFlaskチュートリアル①|前提知識編OAuth認証の実装はかなり苦労しました。実は、以前にも下の記事

no image

Flask×Twitterでログイン機能実装①|前提知識編

これから、Flaskでユーザー登録とログイン機能を実装する方法について、誰よりも丁寧に解説していこうと思います。というのも、ユーザー登録とログインの機能を作るというのは、初心者にとって一つの大きな壁だからです。かくいう僕も以前、自作のWEBサービスを作ろうと思った際に、ユーザー登録機能を実装できずに挫折した経験があります。それから数ヶ月経ちまして、今回ようやくFlaskでユーザー登録機能