WinDbg

WinDbgを用いたデバッグとトラブルシューティングのテクニック

今回は、WinDbgを用いたWindowsのデバッグやダンプの解析方法について0から学べる情報を整理したいと思い、この記事を書き始めました。

私は、本業の中でしばしばメモリダンプやプロセスダンプを解析してトラブルシューティングをしなければならないことがあるのですが、各問題の原因特定のために有効な調査方法についてわかりやすい情報が非常に少ないと感じています。

そのため、常に手探りでの解析になることに苦しい思いをしており、WinDbgを用いた解析手法について充実したナレッジがないものかと常に思案していました。

しかし、中々有効な情報源が見つからなかったこともあり、「まずは自分が情報を発信しよう」という考えのもと、WinDbgを用いた解析手法について整理した情報を公開していくことにしました。

現時点(2021/10/02)ではまだ記事数は少ないですが、最終的にはWinDbgを用いた各種解析手法や、トラブルシューティングに有効なテクニックについて目的別に整理した記事を書いていこうと考えています。

公開した記事はすべて以下に整理しています。

記事カテゴリ一覧

はじめてのWinDbg

  1. WinDbgのユーザモードデバッグチュートリアルを試してみた
  2. WinDbgでWindows10環境のカーネルデバッグを行う最初の一歩
  3. WinDbgの各ウィンドウについてまとめてみた
  4. WinDbgでWindows10環境のカーネルデバッグを行う最初の一歩
  5. Windows環境でカーネルメモリダンプを手動で取得し、WinDbgで解析する方法
  6. Time Travel Debuggingで始める新しいデバッグ手法

WinDbgによるユーザモードデバッグ

  1. WinDbgのユーザモードデバッグチュートリアルを試してみた
  2. WinDbgでスタックポインタの指すメモリの情報を書き換えて任意の関数を実行させてみる

WinDbgによるカーネルモードデバッグ

  1. WinDbgでWindows10環境のカーネルデバッグを行う最初の一歩

WinDbgによるプロセスダンプ解析

まだこのカテゴリの記事がありません。

WinDbgによるメモリダンプ解析

  1. Windows環境でカーネルメモリダンプを手動で取得し、WinDbgで解析する方法

WinDbg Previewによる Time Trabel Debugging

  1. Time Travel Debuggingで始める新しいデバッグ手法

ユースケース別の解説記事

WinDbgでメモリ情報を参照/編集する

  1. WinDbgでスタックポインタの指すメモリの情報を書き換えて任意の関数を実行させてみる

アプリケーションエラーの原因調査

  1. Time Travel Debuggingで始める新しいデバッグ手法

補足

各記事で解析のために使用しているサンプルプログラムは、いずれも以下のリポジトリに置いてあります。

サンプルプログラム:kash1064/Try2WinDbg

リポジトリ内のサンプルプログラムをシンボルファイル(.pdb)付きでコンパイルする方法については、以下の記事にまとめています。

llvm-mingwを使ってLinux環境でもシンボルファイル(.pdb)を作成する方法WinDbgによるWindowsデバッグやダンプ解析によるトラブルシューティングに習熟することを目指しています。 WinDbgを用いた...

外部参考資料

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。