JavaSclipt

Tinderのスワイプを自動化する最も簡単な方法【5分でできる】

トリックオアトリート!
クリスマスがすぐそこまで近づいていますね。

リア充たちの活動も活発になってきてます。
では、僕のような非リア陰キャはどうしたらいいのか。

はい。僕らにはプログラミングがあります。
マッチングアプリTinderのスワイプを自動化して、大量マッチしてやりましょう!

もくじ

  1. Tinderのスワイプを自動化する超簡単な方法
  2. まとめ

Tinderのスワイプを自動化する超簡単な方法

Tinderのスワイプを自動化する方法はいくつかありますが、最も簡単なのは Javascript コンソールからのクリックイベント発火でしょう。

なんせ、たった4行で自動化が完了するからです。

用意するのは、PCのブラウザでTinderにログインするだけ!
あとはブラウザのコンソールで下記のコードを動かせばOKです。

コードはこちら。
解説の必要もないくらいシンプルですね。

  var el = document.getElementsByClassName("button Lts($ls-s) Z(0) CenterAlign Mx(a) Cur(p) Tt(u) Bdrs(50%) P(0) Fw($semibold) focus-button-style recsGamepad__button D(b) Bgc(#fff) Wc($transform) End(15px) Scale(1.1):h");
  setInterval(function(){
      el[0].click()
  },500);

クラス名でスワイプボタンの要素を取得して、500ミリ秒ごとにボタンのクリックイベントを発火させているだけです。

使い方は下記のとおり。

 ① Tinderを開いた状態のブラウザで [Ctrl + Shift + I]を押して検証ツールを表示させる
 ② [コンソール]タブを開く(下記画像を参照)
 ③ コンソールに先ほどの4行のコードを入力して実行!

簡単ですねー。
僕はこれで大体1万いいねくらいは自動で動かしてます。

ぜひチャレンジしてみてください!

まとめ

とりあえずTinderのスワイプを自動化してみたものの、あまりにもあっさりできすぎて、本当にこれでうまくいくのかは不安になりました笑

驚くほど簡単なので、皆さんもぜひ!

追記

Tinderの自動化をして、数万いいねほどしましたが、マッチできたのはたったの数人でした。

友達曰く、顔写真、それもいい感じの写真がないとマッチできないそうです。動物の写真じゃダメだったらしい…。

というわけで、Tinderで出会うには、スワイプの自動化よりもいかに女子受けする写真をトップにもってくるかが大事ということがわかりました。
エンジニア完全敗北です…。

幸いTinderは14日以内なら返金に受け付けてくれるそう。
良心的ですね。
返金も視野にいれつつ、もう少し頑張ってみます。

それでは!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。